中古一戸建て購入

新築と中古の一戸建ての違いは、売買契約時や引き渡しまでにかかるローン契約や購入残代金などはほぼ一緒の金額です。少し違うのは、引き渡し後に支払うお金です。リフォームする場合リフォーム費用がかかります。内容によってそんなにかからないこともありますが、あれもこれもとやってしまうと、莫大な金額になってしまうことになりかねません。リフォームをお願いする前には、必ず見積もりを立ててもらいましょう。

中古住宅の場合は、物件のお金には消費税はかかりませんが、仲介手数料には消費税がかかってしまいます。また、リフォーム完了住宅を購入の場合は、リフォーム費用に消費税がかかってしまいます。中古で家を買うのにも、結構お金がかかってしまうことになります。購入時にリフォームする場合は、引き渡し後にリフォーム会社と契約をするのが普通です。

費用の方は現金で支払うのか、ローンで支払うのかなども前もって決めておくのもスムーズにする一つの方法です。お金に関することなので、こまめに話し合いをしたり、細かいところまで見積もりをしお金の無駄をなくすことが大切です。使えるものは使い、壊れているものやこの先利用しない思ったもの以外はなるべく使い出費を最低限減らして下さい。